葬儀と結婚式について

葬儀と結婚式の優先順位

もしも葬儀と結婚式が一緒になったら

結婚式の場合は、あらかじめ招待されるため、日取が明確にわかっていますが、葬儀は突然知らせが来るということがほとんどで、たまたま一緒の日にってしまうこともあります。両方とも、親しい人の大切な日、できることなら両方うかがいたいものですが、故人との最後の別れであることから葬儀を優先するのが一般的です。ただし、親族の結婚式などの場合は、結婚式を優先させることもあります。どちらに行きたいか、ではなく、まず相手との関係性で優先順位を決め、どちらも同じなら御不幸を優先させましょう。

葬儀の身だしなみ!マナーは?

葬儀のマナーで大切なのは、身だしなみです。若い女性は葬儀に参列した経験がないと、アクセサリーをつけたまま参列したり、ストッキングの色を肌色で出席する人がいます。肌を見せない、派手にしないことがマナーです。ストッキングの色は、薄い黒色を履くようにしましょう。アクセサリーは、結婚指輪程度ならば差支えないでしょう。ゴールドやシルバーのオシャレなアクセサリーは、外しましょう。化粧は薄めにして、口紅の色をベージュにおさえることも大切です。

↑PAGE TOP