葬儀の場所と流れ

葬儀と通夜を行う場所

葬儀の場所をどうするか

葬儀は、故人を偲ぶ場です。それだけにお通夜は、亡くなった方が安らげる場所で行いたいというのが人情でしょう。そのために、今までは自宅で執り行われるのが一般的でした。しかし現在では、本葬と同じ、葬祭場で行われることが多くなってきています。大勢の参列客が見えられると、故人の家では、どうしても近隣の迷惑にもなってしまいます。駐車場の心配もあることでしょう。そのため、遺族の負担が少なくて済む、葬祭場で執り行われるようになったのです。たとえ場所が変わろうとも、心のこもった葬儀であることに、違いはありません。

主にお通夜を行う場所

葬儀の流れの中で重要なもののひとつがお通夜です。故人を棺に納め、親類縁者などと最初に対面する儀式として行われます。近年では式の形も多様化し、簡略化したプランも多く見られますが、お通夜は省略される事なく執り行われる場合がほとんどです。通常では、葬儀を行う専門の会場で執り行われます。仕事関係の人など、会葬に訪れる人数が多くなる事になるので、それなりの広さと設備のある場所が選ばれます。これとは別に、故人の自宅で行われる事もあります。昔からの習慣として、自宅で納棺を済ませ、お寺で告別式を行い、火葬場へ移動するという流れも一般的です。

↑PAGE TOP