葬儀や通夜の前に準備

葬儀におけるお布施の相談

葬儀の際のお布施について

家族が亡くなって仏式で葬儀を行う場合には、お通夜とお葬式にお坊さんに来てもらい読経を上げてもらいます。その際にお布施を包みますが、いくら包んでいいか悩むものです。来てもらうお坊さんが菩提寺のお坊さんの場合には、親族の誰かに相談してみたり、他の檀家の人に聞いたり出来ますがそうでない場合もあります。もし、葬儀社の紹介のお坊さんの場合には、相談した方がいいです。お布施は、お葬式の前に挨拶をする際かお葬式の後に小さなお盆に載せて渡したり、ふくさの上に置いて渡したりします。渡す際には、言葉を一言、添えて渡した方が良いです。

通夜の前にお布施の準備

葬儀の規模や宗派により、お布施の金額は違いがあります。もしも、親しい方に同じ宗派で同じ宗教法人を利用した経験がある方がいれば、具体的な金額を聞く事ができますが、そうでない場合には、利用している葬儀会社に相談すると良いです。高額なお布施が必要になる場合も珍しくないので、通夜の打ち合わせの際に相談をして、早めに用意できるようにすると慌てずに済みます。また、渡すタイミングについても、事前に確認をして、誰がどのように渡すかを決めておくと安心です。亡くなった方の預金を利用する場合には、口座が凍結されているかの確認も必要です。

↑PAGE TOP